邑久町漁協職員ブログ

岡山県瀬戸内市邑久町虫明にある邑久町漁協のブログです。

11/6 2019年邑久町漁協かき祭り中止のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 邑久町漁協かき祭りについてのお知らせです。 11月23日(土)に予定しておりました邑久町漁協かき祭りの開催を、諸般の事情により中止とさせていただきます。 楽しみにされていた皆様、関係者の皆様には…

10/26 牡蠣供養&10/31かき初水揚げ

10月26日、牡蠣の操業開始を目前に、牡蠣供養を行いました。 牡蠣供養は牡蠣に感謝するとともに、今年度の牡蠣養殖の安全と豊漁を祈願するためのものです。 牛窓神社の神主様にご祈祷頂き、組合長と代表者が玉串をささげ、全員でお祈りしました。 これが行わ…

10/29 玉津海底耕運

10月29日(火)に玉津地区の漁師さんによる海底耕運が行われました。 海底耕運とは、大きなクワの先に似た器具を取り付けた漁船で、海底を耕すことを言います。 こちらが海底を耕す器具です。 これを漁船のクレーンへ括り付けて、海底に沈めます。 そして器…

10/19 アマモ種蒔き

今日は6月に採取したアマモの種を蒔きます。 前回と同様に、おかやまコープ組合員さん、JA全農岡山と県水産課の職員の皆さんで行いました。 前回は海で採取したアマモを袋に詰めて、筏に吊ったところまで行いました。 今回はその袋を回収してきて、その中か…

9/20 オコゼ放流&筏沖出し

前回の7月9日のヨシエビ放流に続き、今回は9月20日に行ったオコゼ放流の報告です。 今回のオコゼの稚魚の育成場は瀬戸内市牛窓町鹿忍、西脇海水浴場の隣にある水産研究所。 お天気も良く、絶好の放流日和となりました。 さあ、研究所の生産棟に突撃取材スタ…

8/23 豊洲市場見学&シーフードショー参加

8月23日(金)午前8時40分。 豊洲市場正面入口へ到着しました。 さっそくマグロがお出迎えです。 市場内はきれいで、すべての区域に仕切りがあり、温度管理が行き届いています。 こちらは冷凍物市場です。 塩干市場です。 1階、鮮魚市場です。 ここでも市場…

7/9 ヨシエビ放流

7月9日(火)本日は岡山県の稚魚放流事業の一環としてヨシエビ放流を行いました。 まずは倉敷市児島地区にある大畠中間育成場へ稚エビを取りに行きます。 邑久町漁協から育成場までの距離、約60km。 朝7時に出発したため、通勤渋滞に巻き込まれながら運転す…

7/4 海岸清掃

7月4日に邑久町漁協の漁業者全員による海岸清掃を行いました。 梅雨時期ではありますが、この日は朝から好天に恵まれ、まさに清掃日和! 各班に別れて海岸に打ち上げられたごみを拾い、可燃物や缶ビン類に分別して袋へ入れていきます。 開始から約3時間、拾…

7/1 半天然式牡蠣種苗生産システム

7月1日に半天然式牡蠣種苗生産システムの勉強をするために、職員数名で日生漁協にお邪魔しました。 このシステムは、年によって変動しやすい海での種採り(牡蠣の幼生をホタテの盤に付着させる作業)を、陸上にて人工授精した幼生を使って確実に付着させる、…

6/22 盤通し&アマモ種取

6月22日(土)にアマモ場造成活動を行いました。 この活動は平成25年から、おかやまコープ組合員の方たちと協力して取り組んでいるものです。 今回はアマモの種を取る活動と同時に漁業体験も行いました。 はじめに漁業体験の盤通しからスタートです。 盤通し…

6/10 裳掛小学校かき種付け体験

6月10日(月)に、裳掛小学校の5・6年生が体験学習にいらっしゃいました。 今回は牡蠣の種付けを行いました。 牡蠣の種付けとは、かきの幼生(稚貝)が付着したホタテの貝殻を4mほどのロープに挟み込んでいく作業の事です。 (左がかきの幼生が付着する前の…

ブログ開設しました

牡蠣の操業シーズンも終わり、種付けの準備や筏の修繕に追われる季節になりました。 このたび、邑久町漁協の新たな試みとして、ブログを開設いたしました。 牡蠣の操業情報だけでなく、地域社会との関わり、漁協の日常業務、新人職員による気付きなどを発信…